たのしい人形劇をめしあがれ 〜助成団体見学〜

11月20日、特定非営利活動法人舞台アート工房・劇列車さんの人形劇を見学させていただきました。地域で子ども食堂やフードドライブ活動を行う、ボナペティ久留米さんとの協働です。
困難を抱える子ども若者とその家族へ、芸術文化を楽しんでもらおうという両団体の想いから実現しました。
御井校区コミュニティセンターに集まったのは、たくさんの親子連れ。0歳の赤ちゃんから小学生といった幅広い年齢層の子どもたちで賑わいました。
上演されたのは「ちょうふく山のやまんば」という作品。赤い顔のやまんばが登場すると、子どもたちは大人にぴとっ!とくっついてこわがりつつも、目は舞台に釘付け。
劇で登場した人形にふれてみよう!という時間もあり、子どもも大人もアートを楽しむ1日となりました。
ちくご川コミュニティ財団の 子ども若者応援助成が活用され、大変うれしく思います。
どんな子どもにも大人にも、あたたかい食事と豊かな芸術文化を。
両団体の公式サイトはこちらからご覧いただけます↓
劇列車
ボナペティ久留米