【SDGs出前講座を開催しました】

こんにちは!ちくご川コミュニティ財団事務局です。
11月26日に当財団が #休眠預金活用事業 にて伴走支援しているNPO法人 #わたしと僕の夢 の子どもたちに、当財団の庄田理事からSDGs出前講座を実施しました。
近年、話題となっているSDGs(Sustainable Development Goalsの略:持続可能な開発目標)とは、2030年までに地球を持続可能にするために社会や世界をより良くする17個の国際目標のことで、日本でも新学習指導要領の中にも含まれるなど、教育現場での重要性も増しています。
人類やあらゆる生命が地球上にずっと生き続けられるようにするためにはSDGsの達成が必須であり、次世代を担う子どもたちにSDGsを伝え、一緒に行動していくことが必要です。
講座では、英語とアフリカの現地語を使いつつ、子どもたちの興味関心を惹き、問いを投げかけながら参加型の授業を実施しました。
英語を一生懸命話そうとする子どもがいたり、SDGsについて知っていることを話してくれる子どもがいたりと子どもたちと楽しみながら学ぶ時間となりました。
スタッフの方からは、
「普段、あまり反応しない子が発言していたので驚いた。」
など、嬉しい言葉をいただきました!
今後はカードゲームを用いたSDGsの学習などを進めていく予定です。
「SDGsについて知りたい!」
という方がいらっしゃればお気軽に当財団にご連絡ください!