【2021筑後川水害支援の寄付金贈呈式を実施しました!】

本年、発生した筑後川水害に対し、皆さまからお寄せいただいた寄付金12万円を災害支援の活動を行うNPO法人YNFさんに贈呈いたしました。
この度は多くのご寄付、ご支援をいただき、誠にありがとうございました。
YNFさんは水害発生直後の8月15日より久留米市鳥飼校区を中心に床上・床下浸水した家屋の復旧・保全作業などを実施されてきました。
久留米市は4年連続5回目の浸水被害で、「また被災するので修理を諦めた。」などの声が聞かれる中、個別訪問を繰り返し、被災した方々ひとり一人に寄り添った活動をされています。
そして、YNFさんは発災直後の緊急期だけではなく、被災された方々の住まいの再建に至るまでの中長期的な支援をされており、発災から4ヶ月経った現在も被災地域にて継続的な活動をされています。
活動の詳細はYNFさんのページよりぜひご覧ください!
↓↓↓
今回の皆さまからのご寄付をYNFさんに活用いただくことで、被災した方々へのより手厚い支援につながると考え、贈呈に至りました。
ちくご川コミュニティ財団は「人の役に立ちたい」と活動している人たち(NPO等)へ「活動の力になりたい(ご寄付、ご支援など)」を届ける役割を担いたいと考えております。
2022年2月19日(土)には「金丸川・池町川流域水害被災支援についての情報共有」をテーマに鳥飼校区まちづくり協議会主催で地域円卓会議が実施予定であり、当財団が企画・運営を行います。
今後とも当財団の活動にご協力、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。