【プレスリリース】休眠預金等活用法に基づく実行団体の公募開始について

一般財団法人筑後川コミュニティ財団(理事長:宮原信孝、所在地:福岡県久留米市、
以下「CCF」)は、この度、福岡県で初めて休眠預金等活用法に基づく資金分配団体
(「草の根活動支援事業」分野)に採択されました。ついては、実行団体の公募を 12 月
15 日(火)より財団ホームページにて開始いたします。CCFは、資金分配団体として、
地域において困難を抱える子ども若者の孤立解消と育成を目指し、本助成事業を実施します。
選定された実行団体に対して、最大 1,750 万円の助成のほか、実行団体の持続可能性を
高めるための組織基盤強化や環境整備などの伴走支援、事業の成果を可視化するための社
会的インパクト評価などに取り組んでいきます。
プレスリリース記事のダウンロード