3月19日 休眠預金等活用事業「困難を抱える子ども若者の孤立解消と育成」報告会2022の開催

一般財団法人ちくご川コミュニティ財団(所在地:福岡県久留米市)は国の「休眠預金等活用制度」に基づく2020年度の資金分配団体として福岡県の団体で初めて選定されました。
公募により2つの実行団体(NPO法人わたしと僕の夢、みんなの家みんか)を採択し、「困難を抱える子ども若者の孤立解消と育成」をテーマに、2021年4月より3年間にわたる事業(総事業費:約7,000万円)がスタートしました。
この度、事業開始から一年を迎え、年次報告会を2022年3月19日(土)に福岡県久留米市で開催いたします。

■ 「困難を抱える子ども若者の孤立解消と育成」事業概要
本事業では「筑後川関係地域(福岡県、佐賀県東部、大分県西部、熊本県北部)において、貧困や社会的孤立により困難を抱える子ども若者が居場所や相談場所を持ち、地域で学び、働きながら成長し持続可能な社会の担い手となるモデルをつくる」を目標としています。実行団体であるNPO法人わたしと僕の夢、みんなの家みんかに3年間でぞれぞれ約1,750万円の助成を行うと共に、両団体に事業の管理運営に関する非資金的な支援を実施しています。

■ 報告会概要
名称:
休眠預金等活用事業「困難を抱える子ども若者の孤立解消と育成」報告会 2022
日時:2022年3月19日(土)13:00 〜 16:00(12:30〜受付開始)
場所:じじっかパーク(〒830-0048 福岡県久留米市梅満町32−4)
内容:
① 休眠預金等活用事業とは(概要、全国的な実績等)
② 事業進捗報告(ちくご川コミュニティ財団、わたしと僕の夢、みんなの家みんか)
③ 事業の課題解決策の協議とまとめ
目的:
① 市民・関係者への事業進捗報告により説明責任を果たし、事業・団体への信頼度を高める
② 事業を進めるにあたっての課題を外部に開き、連携・協働体制を強化する
③ 休眠預金等活用事業の広報
対象者:資金分配団体・実行団体の関係者、一般の方(定員は50名、 ※オンライン100名)
参加費:無料
申し込み方法:申し込みフォーム(https://forms.gle/Ez2boFjS7ybBxQmVA)より受付
フォームからの申し込みが難しい場合はこちらより参加申込書をダウンロードいただき、メールか FAXにて下記連絡先までご連絡ください。
お問い合わせ先:一般財団法人ちくご川コミュニティ財団 担当:庄田(しょうた)
電話:0942-34-5600 FAX:0942-34-5777 メールアドレス:kyumin@c-comfund.com

 

休眠預金等活用事業報告会2022_フライヤー